2005年04月20日

ノートパソコンに Skype が入ると…

●衝撃的な Skype の登場ですが、ユーザーは大歓迎!

Skype(スカイプ)とは

○P2P(PtoP)通信によってサーバーを介さず、ユーザー同士が直接接続して通話をするソフトウェアフォン(IP電話)およびそのしくみのことです
  ※P2Pってどういう仕組みなの?    P2Pはユーザのパソコンがサーバの役割を果たすためサーバ負荷の心配がありません
○パソコンなどにインストールして使います
○無線LANのアクセスポイントがあれば、ノートパソコン、専用端末、PDAなどで使える場所が広がります
○電話料金は完全に無料です
○マイクとスピーカーが必要です
 ただし、マイクもスピーカーもパソコン内蔵(または同梱)のものが使えます
 USB接続のヘッドセットも使えます
 ※ノートPC の場合、ヘッドセットを使うと本体のスピーカー(受信音)が聞こえなくなるものもあるので要注意。画面を見ていればわかりますが
○つながってしばらくは接続が不安定なこともありますが、音質は固定電話や携帯電話をはるかに上回っています
○操作画面はMSメッセンジャーと似ていますが、もっとシンプルです
○Windows版、Linux版、Mac版、Poecket PC版があります

Skypeスターターガイド無料IP電話

Skypeスターターガイド無料IP電話
出版社:アスキー、本体価格:1,600円、ロジクール製マイク付きイヤホン2セット付き、安い!


●電話かけ放題の世界です

○特定相手(複数)とだけ話すことも不特定多数と話すこともできます(選択)
○設定時にIDとパスワードが必要ですが、通常はボタンをクリックするだけの操作です
○電話番号らしきものの表示はありません。アイコンと相手名(ニックネーム)だけです
○こちらの本名を使う必要はなく、ニックネーム(ID)でOKです
○最大5人までの相手と会話(電話会議)ができます
○相手が不在なら声のメッセージを残せます(ボイスメール)
○電話をしながら、チャット(文字通信)やファイル転送ができます
○一般の電話番号にも発信できます(有料・スカイプアウト)

Skype世界規模の電話代無料革命

Skype世界規模の電話代無料革命
著者:清成啓次 / 石村賢一、出版社:新紀元社、本体価格:1,600円


●どうやって使うか

○PC に電源が入るとタスクトレイに常駐します(Skype のアイコン)
○初めての相手とは、最初に打診しあい、こちらが認めた相手だけを選べます
 お互いに事前に連絡しあい、ニックネームを確認しておけば楽です
○相手の名前(ニックネーム/受信側で自由に変えられます)だけが電話帳「コンタクトリスト」に載り、相手の待ち受け状態がアイコンで常にわかるようになります(都合が悪いときは、退席中とか取り込み中にします。電源が入ってなければバツ印になります)
○かけるときは、コンタクトリストで相手のアイコンを指定して、通話ボタンを押します。呼び出し音がなって、近くに相手が居れば出ます
○かかってきた場合、呼び出し音が鳴って操作画面が開くので、通話ボタンをクリックすると話せるようになります
○プロフィールにこちらの情報を入れなくても使えます(入れないほうが安全です)
○きらいになった相手は即、削除できます
○半年間使わなかったらIDが削除されます。もう一度初めから申請し直せば、同じIDが使われていなければ続けて使えます

Skypeではじめる「無料IP電話」徹底入門livedoor、バッファロー対応

Skypeではじめる「無料IP電話」徹底入門livedoor、バッファロー対応
著者:武井一巳、出版社:メディア・テック出版、本体価格:2,000円


●文字で書くとこんなになりますが、使い方は非常にシンプルです。ダウンロードから設定まで10分もかからないのではないでしょうか。

●詳しくは livedoor サイトをご覧ください。こちらでソフトをダウンロード(無料)して、あなたのパソコン(ノートPC でもデスクトップでも)にインストールして、簡単な手続きと設定をすればすぐに使えるようになります。

livedoor skype
 livedoor トップページ上のアイコンボタンからも入れます

BUFFALO-Skype
 株式会社バッファロー(無線LAN機器/FREESSPOT全国展開) こちらではソフトの使い方が写真入りでわかりやすいです


●あなたもいかがですか? とにかく簡単ですから気軽にやってみましょうよ。ソフトも通信料も無料、それにマイク・スピーカーもありもので十分、もしなくても1,000円程度のものでも使えますよ。

trackbacks

trackbackURL: