2005年07月10日

インターネット経由でHDDデータを消去するサービス

●常時接続時代に入り、サーバと連携するサービスがいろいろ出てきました。これもその一つ。

●インターネットにつないで、自分のPC内のハードディスクをフォーマットできるサービス。一般ユーザーにとって、PCの買い替え時くらいしか使わない機能なのに、これまでの専用ソフトは数千円もしてました。ちょっとせこい話ですが、これでまた少し経費を浮かせることができそうです。

600円でHDDデータを消去できるサービス「Data Sweeper Web版」
アドバンスデザインは、HDD内のデータをOSごと消去するサービス「Data Sweeper Web版」を4月18日に開始する。価格は1回の消去につき600円。Windows XP/2000/Me/98/95に対応する。
Data Sweeper Web版では、同社サイトから消去プログラムをダウンロードすることで、FDやCD-ROMのメディアを利用することなくデータを消去できる。通常、データ消去ソフトを利用する場合、消去プログラムが収録されたブート可能なメディアから起動するが、同サービスでは消去プログラムをHDD内のブートエリアに記録するため、メディアが不要になる。

trackbacks

trackbackURL: