2005年09月15日

iPod は“ミニ”から“ナノ”へ進化した

●アップルの隠し球 登場! “ミニ”より小さい“ナノ”「iPod nano
 こんなのが欲しかった!

・6.8mmの薄さで重量はたったの42グラム
・鮮明なカラーディスプレイ
・14時間連続再生可能なバッテーリ寿命
・MacとWindowsに
・無料レーザー刻印

●小さくなった理由は、記憶媒体が「iPod mini」のハードディスク(HDD)タイプから「iPod shuffle」と同じフラッシュメモリータイプに変わったから。

●しかし、その機能性、操作性は shuffle のはるか上をいっています。「nano」は他の iPod と同じ操作面(しかもカラー液晶)とクリックホイールを搭載しているだけでなく、周辺機器を接続するDockコネクタが付き、さらに既存の iPod 用アクセサリーもすべて使えるなど、使用感はまさにiPod そのもの。

●現在普及しているメモリー型のオーディオは、容量が512MB~1GBで価格は2万円台が中心。対して「nano」は、ハードディスク並みの2GB・4GBの大容量にもかかわらず、価格は2GBモデルで21,800円、4GBモデルでも27,800円とかなりのお値打ち価格!

iPod の操作性や機能をもちながら、カラー液晶、小型軽量、容量アップ、そしてうれしい低価格! ここまできたら、あとは買うだけ…

●カラーは白と黒の2種類。「iPod mini」は終り、ナノ時代が始まりました。遅まきながら、急に買いたい気分が高まってきた notes です。

アップルコンピュータ「iPod nano


iPod white with Color Display  shuffle06_88_31


<追加情報>
nanoで使えるグッズやケースがぞくぞく登場(livedoor コンピュータ)