2005年09月12日

ウイルス・スパムにノーガードだとこうなる、という実験

●いかに無防備なパソコンが怖いかの実験例が「デジタルARENA」に紹介されていました。こうならないために、しっかりガードしておきましょう。

●「ルーターを使うア」「ウイルス対策ソフトを入れる」「ファイル共有は極力避ける」が3大対策。
ファイル共有は非常に便利な機能で使わざるをえませんが、これを無意識(うかkり)・無制限に設定してしまうと非常に危険ということです。

こんなPCはネットにつなぐな! 3日間放置した無防備PCの結末は?
(デジタルARENA)
 編集部に用意したインターネット接続用の自作PC。名付けて“ノーガードマシン”。格闘技でノーガードスタイルと言えば挑発的で格好いいが、このノーガードPCは、セキュリティー対策を何もしていない“ダメマシン”だ。
 ルーターなしでインターネットに接続した瞬間、外部のコンピューターがこのIPアドレスめがけて攻撃してきた。ウイルスを送り込もうとしているのだ。その後も、ノーガードマシンはサンドバッグのごとく連続攻撃を受け、1時間後にはPCにボット型のウイルスが侵入していた。ユーザーは何の操作もしていないのに、ウイルスに感染してしまったのだ。 (後略)