2005年12月23日

「ウイルスバスター2006」のインストール&設定の終了

●「ウイルスバスター2006」インストールの感想

●年末に入りようやく時間に余裕ができたので、「ウイルスバスター2006」をインストールしました。ウイルスバスターの新バージョンは、例年10月~11月にベータ版の発表、12月に入って正式製品版の発売というサイクルが定着したようです。

●1年前に大問題を起こしたトレンドマイクロ製品でしたが、もちろん人為的な事故(事件?)であって本来のシステム上の問題ではなかったので信頼性は変わらないと私は理解していたので、「ウイルスバスター2005」を使い続けてきました。実際、問題は起こっていません。

●トレンドマイクロ製品に限りませんが、近年のウイルス対策ソフトの高性能化はやはりすごいと思います。ウイルスバスターも年々インストールが簡単になり、説明用語やマニュアルがわかりやすくなってきました。

●そして、今回のバージョンでは、ついに完璧な自動インストールに近いシステムになったような印象があります。非常にラクになりました。

●むかしは、旧バージョンのアンインストールも新バージョンのインストールも、それぞれの開始ボタンを自分で押さなけれならなかったのですが、そのボタンの表示をどうすればいいのか、一瞬、わからなくなったことなどもあったのです。削除とインストールのあいだに時間が空くとウイルス侵入などの危険性もあるわけですから、あまりいい気分はしませんでした(もちろん、これは私が無知だっただけかも知れないのですが)。

●今回の2006では、どうすればいいか迷うようなことは一度もありませんでした。しいて言えば、インストール後の各種設定のやり方ぐらいでしょうか。これもわかりやすい解説マニュアルが着いているので、それを見ればわかると思います。

●ほとんど自動で、時間も5分くらいで終わりました。ダウンロードもADSLで1分もかからなかったと思います。

●基本的なセットは完全自動でできるようにして、残りはオプションでやるようにすればいいだけのことです。コンピュータの基本的なソフトはすべて、こうでなくちゃいけないですよね。専門用語で細かな説明を表示されても、素人はどうしていいかまったくわからないことが多いのですから。

●うちではインターネットに使うパソコンが2台あり、その場合はライセンスも2つ必要という点だけが要注意です。もっとも、常にトレンドマイクロ社とつながってた状態になるので、2台で1つのソフトを使おうとしても絶対に使えませんけどね。