2005年12月08日

検索エンジンを超越したGoogleの可能性

●「検索」以外に、Googleにはどんな使い方があるのでしょうか。

●いや、「検索」以外にと書きましたが、「検索」そのものの機能もたくさんあるのですが、私自身、それを使いこなしているとはいえません。

●まずはGoogleの「検索」機能を少しだけつっこんで調べてみる。そして、そこから先に広がっていく世界がわかってくると…


ちょっと自慢できるこんな裏技 Googleを「仕事」で使い倒せ!

(デジタルARENA)
 「Googleって検索に使うものでしょ?」。たしかにそうなんだけど、Googleにはそれだけじゃない機能がごっそりと隠されている。これを使いこなさないともったいないし、忙しいビジネスの合間にちょっと利用するととても便利な機能がたくさんあるのだ。
 この特集では、「仕事に役立つ」という視点でGoogleを使いこなすためのヒントを満載してお届けする。
<第1回>待ち合わせの場所に迷ったらケータイのGoogleローカルを使え!
<第2回>Googleは高機能電卓としてけっこう使えるぞ!
<第3回>通貨計算や単位計算はGoogleでらくらくできる
<第4回>会社情報、株価、乗り継ぎなどはワンクッション・リンクの検索で
<第5回>Google使える小ネタ10連発(その1)
 ■「スルーされる基本英単語には+マークをつける」
 ■「炸裂キーワードにはクオーテーションマーク」ほか
<第6回>Google使える小ネタ10連発(その2)
 ■「分類別で調べるならGoogleのウェブディレクトリ」ほか

●上記記事は連載で、この後もどんどん新しい情報が追加されていきそうです。期待しましょう。


●「検索」以外のGoogleの使い方で一番有名なものは… 個人的には「(検索結果の)上位表示による運営サイトのアクセスアップ(=SEO)」でしょう。Googleは最も安くあがる広告宣伝ツールということですね(その手法を学ぶには少し時間はかかりますが、要はこちらの理解力次第)。

●そして、この機能の延長線にあるのが、今後のネットビジネスの展開に欠かせないテクニックやノウハウの基本であるような気がしています。

●ビジネス志向の方もそうでない方も、インターネットの活用法を何倍も拡大してくれるGoogleに注目! です。