2005年12月16日

ウィルコム「W-ZERO3」発売、即売り切れ

●12/14に発売されたPHSの新機種、ウィルコム「W-ZERO3」が大人気です。

●W-ZERO3のファーストロットを発売日にゲットしたパソコン師匠から、以下のレビュー情報を教えてもらいました。

ウィルコム「W-ZERO3」のブロードバンド機能を検証(前編)
ウィルコム「W-ZERO3」のブロードバンド機能を検証(後編)
【速攻レビュー Part.2】交錯点の苦悩 W-ZERO3
音声通話/メール/パケット――すべて定額のインパクト! 「WXシリーズ」が巻き起こす“ウィルコム旋風”

●PDA付きケータイ(PHS)、いわゆるスマート・フォンといわれる商品です。

●予想通り、即売り切れ。というか、やはりDoCoMoのM-1を「使いにくい&通信費が高い」と思っていた人が多かった、ということでしょうね。

●いずれにしろ、これでビジネスシーンのモバイル環境は、欧米並みの本格的なPDA付きケータイ(PHS)の時代を迎えた、といえそうです。

●ソニーCLIEなき後、和製PDAはザウルスだけだったのですが、今回の「W-ZERO3」のOSは Windows Mobile ですが、製造元はシャープで、長年ザウルスで培ってきた同社のノウハウがフルに生かされているとか。

●通話ができること(当然)、横長で使えばホームページ閲覧・メール送受信が非常にラクなこと、キーボード入力ができること、無線LANが使えること、PDA機能がフルについていること、Windowsマシンとの連携がスムーズなこと など。メリットがいっぱい! しいて欠点をあげるとすれば、キーボードが付いている分、若干、厚みがあるということです。

●さあ、いつになったら買えるかな。他のケータイ各社の動きはどうなのかな。来年のお楽しみが、またひとつ増えました。