2006年05月27日

【パソコン夏モデル】東芝Webモデルノート「dynabook SS MXW」新発売

●B5ファイルサイズ、TPMセキュリティーチップを標準搭載するモバイルノート「dynabook SS MXW」

東芝、Webオリジナルのモバイルノート「dynabook SS MXW」を発表 (デジタルARENA) 東芝は2006年5月23日、同社の直販サイト「shop1048」オリジナルのノートPC「dynabook SS MXW」を発表した。同日より発売を開始する。12.1型ワイド液晶を備えたB5サイズのモバイルノートで、全4モデルある。価格は15万2800円から。(後略)
●「dyanabook SS MXW」
○1280×800ドット表示対応の12.1型ワイド液晶
○店頭モデル「dynabook SS MX」がベース、HDDやメモリー容量などが異なる
○セキュリティー機能
  TPMセキュリティーチップを標準で搭載 認証や暗号化のためのデータ(暗号鍵など)を、HDDではなくTPMセキュリティーチップに格納するため、本体からHDDだけを抜き出してデータを読み出そうとしても防止できる。
  指紋認証センサー内蔵
○重さは約1.9kg
○バッテリー駆動時間 166D/2Wが約5.2時間、146C/2Wが約3.4時間
○「ラウンドフォルム(落下時の衝撃から液晶を守る)」、「東芝HDDプロテクション」、「ウォーターブロック構造」などを採用。
○チップセットにはグラフィックス機能(GMA950)を内蔵した945GM Expressを採用
○光学ドライブ DVD±R2層書込に対応したDVDスーパーマルチドライブ
○ネットワーク機能
  無線LAN IEEE802.11a/b/g対応
  モデム 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
○インターフェース
  PCカードスロット、SDカード/xDピクチャーカード/マルチメディアカード/メモリースティックスロット、USB2.0×3、IEEE1394、外部ディスプレイ出力、マイク入力、ヘッドホン出力など
○次期Windows OS「Windows Vista」へスムーズに移行できる「Windows Vista Capable PC」に対応
○ラインアップ
 「166D/2W」 CPU Core Duo T2300(1.66GHz)、HDD・100GB
 「146C/2W」 Celeron M 420(1.46GHz)、60GBのHDD
 それぞれ512MBと1GBのメモリーを搭載するモデル、合計4モデル